医院について

医院についてGuidance

院長からのごあいさつ

そらいろ歯科 院長

こんにちは。
『そらいろ歯科医院』の院長
清水 紘平です。

歯が痛くなるまで歯科医院に来られなかった患者さんの中には、「歯科治療が怖い」「痛いから嫌だ」という方が少なからずいらっしゃいます。当院では、そんな患者さんの不安をしっかり受け止め、快適な治療を心がけています。

また、ご自身のお口の中の状況を理解していただき、どうやったらいつまでも健康で楽しく食事をして過ごしていけるかを、お伝えしていきます。

診療科目

虫歯治療

「虫歯治療」

虫歯の治療はその程度によりさまざまな治療法があります。

そらいろ歯科医院では、できる限り痛みを感じないよう、そしてできる限り歯は最小限しか削らないように細心の注意を払っています。

歯は削ると二度と再生しません。
患者さんの大切な歯をできる限り残したいと考えています。

治療が終了したら、定期検診を受診されることをおすすめします。
定期検診を受けることは自分の歯を残すためには重要なポイントなのです。
若いうちから定期検診を受けていると、将来自分の歯を多く残せることが統計的にも明らかになっています。

小児歯科

「予防歯科」

そらいろ歯科医院では治療終了後も、定期的な健診をおすすめしています。

がんばって治療したお口の中の健康を維持していくためには毎日の歯磨きはもちろん、それ以外にも歯医者さんでのクリーニングが必要になります。

歯の表面には歯磨きでは落とせない汚れや、歯並びなどにより、ご自身では磨けない部分があります。そのため定期健診で虫歯のチェック・磨き残しのチェックをします。

虫歯があれば、痛みの少ない小さい虫歯のうちに治療ができますし、磨けない部分があれば、磨けるように練習していただき、ご自身でも満足のいく毎日の歯磨きができるようになります。患者さんそれぞれのお口の大きさや歯並びは違いますので、使用する歯ブラシも患者さんに適した物をおすすめしています。

小児歯科

「小児歯科」

乳歯はとても大切な歯です。いずれ生え変わるからといって、むし歯をそのままにしておくと、さまざまな影響があります。

例えば、後から生えて来る永久歯の形や色が悪くなったり、歯並びが悪くなったり、ときにはお肉や野菜が食べにくくなることによる偏食が増えたりもします。

乳歯にむし歯があればしっかり治療し、大人の歯が生えるまで健康なお口の中を保つことで、結果的に将来のお口の健康につながるのです。

歯周病治療

「歯周病治療」

30歳以上の人が歯を失う最大の原因はむし歯ではなく、歯周病です。

自分では気づかない軽度のものを含めると、成人の8割以上の方がかかっていると言われています。

歯周病はサイレントディジーズとも言われ、ひどくなるまで自覚症状が少ないのが特徴です。
大切な歯を1本でも多く残すために、早期発見、治療、予防が大切です。